審美治療とは

審美治療

口内や口元の美的な面にフォーカスした治療を行うのが、審美治療です。そのため「歯並びをきれいにしたい」「歯の色が気になる」「銀色の詰め物を白くしたい」「歯を希望通りの形にしたい」「歯茎を健康的な色に変えたい」といったお悩みを持つ患者さんが対象になります。

具体的には、ホワイトニングやセラミック治療などを行うことで、機能的で美しい口元を実現するのが目的になりますが、審美治療を行うにあたっては、まず虫歯や歯周病の治療が優先されます。その後に問題を解決する審美治療を行います。

ホワイトニングについての詳細は→こちら

以下のようなお悩みをお持ちの方はご相談ください。

当院で行う主な審美歯科治療

オールセラミック

ブオールセラミックとは、冠全体がセラミック(陶材)になっているクラウン(被せ物、差し歯)です。補綴物のなかには金属を使用している場合もありますが、オールセラミックは金属が使われていませんので、まるで天然の歯のような透明感があります。
なお金属を使った補綴物の場合、歯茎が痩せると金属部分が露出してしまったり、金属イオンの作用によって歯茎が黒っぽく変色したりすることがあります。しかし、オールセラミックではこのような心配がなく、プラークが付着しにくいのも特長です。
また、補綴物のなかでは最も透明度が高く、しかも変色することがほとんどないため、前歯のように見た目が気になる歯の治療に適しています。

メタルボンド

金属のフレームにセラミック(陶材)を貼り付けたクラウンがメタルボンドです。金属で補強してあるので耐久性があり、奥歯のクラウン(被せ物)やブリッジの治療によく用いられます。天然歯に似ているので仕上がりが美しく、プラークや色素が付きにくいのも特徴です。

ハイブリッドセラミック

レジン(プラスチック)とセラミック(陶材)の成分を混ぜた材料で作られたクラウン(さし歯)で、プラスチックの粘りとセラミックの硬さを兼ね備えた被せ物になります。
オールセラミックよりも軟らかく、周囲の歯にダメージを与えにくいのが利点です。ただ透明感はやや劣り、プラスチックが含まれているので、口の中の水分を吸収し、年数を経るごとに従って黄色く変色してきます。

セラミックインレー

虫歯治療時に歯を削り、歯型を取って作る詰め物をインレーと言います。つまりセラミックインレーは、セラミック(陶材)でできたインレーです。 セラミックインレーは白く透明感があるため、銀歯などと異なり、見た目が自然できれいな歯に仕上がります。

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、オールセラミックやハイブリッドセラミックでできた薄片を貼り付けて見た目を白くしたり、歯のすき間をなくしたり、欠損部分を補う治療です。ホワイトニングよりも白く、少しくらいの歯並びの修正なら矯正よりもずっと短期間で、美しい歯並びと白い歯が得られます。

歯肉ホワイトニング

歯肉が黒ずむ原因のうち、とくに多いのがメラニン色素の沈着です。皮膚が日焼けで黒くなるのは、紫外線から皮膚を守ろうとしてメラニン色素が分泌されるためですが、歯肉も同様です。たばこの煙や飲食物などの刺激から守るために、メラニン色素が生成されて黒ずんでくるのです。メラニン色素は歯肉の浅い部分に沈着しているので、薬品を塗布して薄く剥離する「歯肉ホワイトニング」によって、ピンク色の歯肉を取り戻せます(※変色の原因によっては、他の治療が必要になるケースもあります)。

審美治療の流れ

審美治療は様々なものがありますが、どの治療を行うにしてもはじめにカウンセリングや検査が必要です。検査から治療、メンテナンスまでの大まかな流れは以下の通りです。

STEP1カウンセリング・検査
まず患者さんの要望をお聞きし、各種検査器具やX線撮影で、歯や顎の状態を調べます。
STEP2治療計画の説明
歯や顎の骨など、お口がどのような状態であるかをご説明します。その後、治療計画についての提案やご相談をさせていただきます。
STEP3治療
最初に虫歯など治療の必要がある部分を治療します。その後に必要な部分の型取りや素材作製を行います。
STEP4詰め物や被せ物を装着
詰め物や被せ物を装着します。
STEP5メンテナンス
詰め物や被せ物を長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングを受けて維持していきます。